飛鳥交通多摩

難題にしっかり取り組んでくれる飛鳥交通多摩タクシー

飛鳥交通多摩公式サイトはこちら!

転職先に地理試験が必要となるタクシー会社を選ぶにしても、独自での勉強には無理があります。指導力や試験に関する知識をアドバイスしてくれるタクシー会社を選ぶことや、もちろん、合格率の高さも選ぶ上でポイントになります。


合格までにしっかり知識をインプットさせる

飛鳥交通多摩地区では、タクシー乗務員となるための地理試験がありません。当該指定地域に係る地理、タクシー事業に係る法令・安全及び接遇の試験内容も、都心で働くためには合格することが条件です。難易度が高い分、試験が無い飛鳥交通多摩区の営業所に配属が決まり、そこで知識を得てから臨むことも可能です。飛鳥交通多摩では、タクシーならではの抜け道も数々あるエリアなので、新任教育期間中に覚えておき、役立てることも可能とする体制も整えています。基本、飛鳥交通グループでは、地理試験などを運営するタクシーセンターでの研修を1週間受けますが、社内にはマル秘例題集があったり、専属講師が指導するため、合格率も90%という高さを誇ります。

安心して地理試験に対する勉強ができる

自動車教習所に入校し、2種免許を取得するための教習も、教習費用全額支援制度によって受けられます。学科試験などを含めても、最短8日間で取得できます。飛鳥交通多摩区には地理試験は無いものの、専任講師による教育と指導で地理試験を受検します。運転適性診断受診や地理添乗指導などの研修も行われ、2日間の同乗指導で実営業体験もあります。地理試験合格の方法を知りたい求職者にとって、たとえ研修が長引いたとしても日給は支給されるため、安心してしっかり勉強ができます。高収入が望めるから都会での転職が相次ぐ中、飛鳥交通では、専用乗り場も数多く、どの営業所でも高収入が見込めます。月・火・金曜日に実施される地理試験では、一発で合格できなくとも講習を開催したり、問題集を作成したり、会社独自の対策が講じられます。

全くの初心者にも安心できる研修が目白押し

飛鳥交通タクシー乗務員は、未経験者が84%を占めており、前職も、同業種・類似業種以外の経歴を持つ方もいるほどです。全くの初心者からでも地理や接客を覚えて活躍している実績があり、新人営業研修会では、営業の仕方や地理などは、データや資料からも学びます。地理不足にならないために車輌にはカーナビや、効率よく仕事ができる機器を搭載しています。他にも、定例講習会や各営業所における新任研修として、地理試験に繋がる基本的な関係法令と無線営業全般、接客サービスについての研修も行われています。面倒見のよい先輩乗務員などからアドバイスが貰えるなど、指導力の高さが伺え、試験合格率の高さに繋がっていることが理解できます。

まとめ

飛鳥交通多摩区においては、地理試験がないものの、都心でタクシードライバーとしての活動には合格することが求められます。指導力の高さによって、短期間で合格へと導き、その後もしっかりした教育を受けながら独り立ちができる環境です。


公式ページはこちら

比較ページへのリンク画像