難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?

難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?

東京都、あるいは大阪や神奈川といった大きな都市でタクシードライバーとして営業をスタートするには、普通自動車二種免許はもちろんの事、 地理試験にパスする結果を出すことが不可欠となります。 そしてこの試験がそれなりに難易度が高く、合格する方法を理解することが重要になります。

タクシードライバーに必要とされる地理試験とは

タクシードライバーに必須とされている地理試験とは、東京、 大阪、神奈川県の定められたエリアでタクシードライバーを目指すためになくてはならない、各所轄のセンターにて為される地理に関しての専門的な知識を試みる試験になります。 国土交通省認可の国家資格ですので、難易度はそれなりに高いといえます。 タクシーセンターの発表によりますと、1回の試験で合格するパーセンテージは50パーセントとされています。 ですから、一発でパスする結果を出す人は相当少ないといえ、平均的な受験の回数につきましては、5回程とされています。

地理試験を効率的に学習する方法

タクシー地理試験の問題の中身は、道路の名称や地名それから、各名所など様々に出されます。 回答に関してはマーク形式となっていることから、漢字などを正確に記憶する必要性はなく、選択肢から適正な答えを選ぶスタイルとなります。 ですから、多くの問題を細かいところにこだわらず、練習していくことが重要になります。運転免許の学科試験と同じ様に、試験に的を絞った学習をそれ相応にしないとパスする結果を出すことは出来ません。 そして、それぞれのタクシー会社もこちらの地理試験に従業員がパスしないと会社の業務が不可能ですので、 過去問分析などの講習、あるいは問題集を制作して対策を実施しています。 とりわけ過去問と同一の問題が出題される可能性が高いことから、過去問の回答は覚えることが重要です。

地方都市の出身であっても支障はありません

効率性の高い学習の実施法は、入社した後にきちんとバックアップしてもらえるので、 地方在住の方でもあらかじめ学習するような必要はなく、入社後になってから力を尽くせば問題ありません。それに加えて、地理試験は相当特徴的な専門的知識を試す試験ですから、都内に居を構えているからといってアドバンテージになることはほとんどありません。 都内で業務につくタクシードライバーの多くが地方出身の人ですが、入社した後で学習をスタートさせパスする結果を出すことが出来ています。ですので、難易度が高いとは言うもののそれほどまで懸念する必要はありません。

まとめ

たしかに、地理試験については、困難を伴います。満点を確保するのは、ほぼ不可能でしょう。しかしながらタクシードライバーの多くの人は、パスする結果を出しています。要するに、合格ラインに達するための対策があり、講習や問題集をしっかりとこなすことが重要になります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題
合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?
タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法
タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?
タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?
地理試験に一発合格してタクシードライバーに転職しよう
覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?
タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?
タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう
タクシーの地理試験、詳しい日程について
タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?
転職未経験の人にもおすすめのタクシードライバーの魅力とは?
タクシードライバーは転職におすすめの理由とは?
経験者は有利?タクシードライバー転職
タクシードライバーに転職したい!採用試験の内容とは
地理試験とは何か?難しいって本当?
タクシードライバーに必要なスキルを教えて
実は人気?タクシードライバーに転職したい
タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい
タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?
タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう
建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について
タクシーの地理試験、何回受けることができる?
タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について