タクシーの地理試験、何回受けることができる?

タクシーの地理試験、何回受けることができる?

タクシードライバーとして仕事をするには地理試験の合格が必要です。何回受けられるかですが特に制限はありません。平均5回から6回受験する人が多いとされるので、その回数以内で合格するのを目標にするとよいでしょう。

特に何回以上で受けられないなどはない

国家試験の中には、受験回数が決められているものがあります。そのため、その上限以上の受験ができなくなり、いくら勉強をしても合格が得られません。合格が必要になる仕事をあきらめないといけなくなります。タクシーのドライバーを目指すときは地理試験を受けて合格する必要があります。気になるのは何回受けられるかです。特に上限は決められていないので、落ちたなら又受験をして合格を目指せば良いでしょう。一回で受かるのは大変な試験といわれていて、数回受ける人が多いとされています。あまり受験回数を気にせず、それぞれの試験で全力を尽くすようにしましょう。

毎週所定の曜日ごとに実施されている

各種資格試験等は、試験を運営する機関が予定を定めて行っています。国家試験などだと1年に1回しか行わないものもあります。一方でネットを通じて受けられる試験が毎日実施されるものもあります。タクシードライバーになるためには地理試験に合格しないといけない場合があります。何回でも受験は可能ですが、試験日はいつに設定されているかです。1年に1回となると、一度落ちると次の年まで受験ができずそれまで仕事ができません。実施する都道府県によっても異なりますが、毎週所定の曜日に実施するところが多いです。つまりは、一度落ちても次の週などに又受験ができます。

5回から6回で受かる人が多いとされる

学生時代といえば勉強が仕事でした。定期的に試験があるので、そのための試験対策をしていました。勉強に慣れている状態です。もちろん大人でも試験や勉強が必要ですが、慣れていない人にとっては大変です。タクシーのドライバー業務を行うには地理試験の合格が必要になります。では何回ぐらいで合格する人が多いかですが、5回から6回ぐらいの人が多いようです。合格率が50パーセント程度とされ、なかなか1回で通るのは難しいようです。受験回数が増えればそれだけ勉強時間も増えますし、試験にも慣れてきます。同じような問題も出てくるでしょう。受ければ受ける程合格の可能性が高まるでしょう。

まとめ

タクシードライバーになるための地理試験は何回受験できるか気になるでしょう。回数に上限はないので、合格するまで何度でも受験ができます。毎週試験が実施されるので、合格するまで受け続けましょう。5回から6回で合格する人が多いです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題
合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?
タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法
タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?
タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?
地理試験に一発合格してタクシードライバーに転職しよう
覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?
タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?
タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう
難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?
タクシーの地理試験、詳しい日程について
タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?
転職未経験の人にもおすすめのタクシードライバーの魅力とは?
タクシードライバーは転職におすすめの理由とは?
経験者は有利?タクシードライバー転職
タクシードライバーに転職したい!採用試験の内容とは
地理試験とは何か?難しいって本当?
タクシードライバーに必要なスキルを教えて
実は人気?タクシードライバーに転職したい
タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい
タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?
タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう
建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について
タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について