タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?

タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?

タクシードライバーが仕事のために受けないといけないのが地理試験です。パターンが決まっていて、過去問を暗記すればある程度は取れる可能性があります。地名などは交差点や道路名など細かい部分の出題があります。

合計40問が出題されて配分などはどうなっているか

タクシーの運転手になるとき、2種免許がとりあえずの関門になるでしょう。でも地域によってはさらに手強い関門があり、それが地理試験になります。一発合格する人は少なく、数回の受験を覚悟しないといけないともされています。事前の対策が不可欠ですが、出題パターン等があるのかです。全部で40問出題されることになっていて、問題1から問題4までに分かれています。さらに、問題ごとの配分も決められています。問題1が15問、問題2が10問、そして問題3と問題4がそれぞれ5問ずつになります。合格点は8割なので、40問中32問で正解できれば見事突破となります。

それぞれの問題において何が問われるのか

高校などの地理では、都道府県や世界の国の地名が出てくるくらいです。タクシードライバーになるために受けないといけない地理試験は、かなり細かい地元の地理情報が出題されます。パターンとして、問題1では幹線道路と交差点名が出題されます。地元を詳しく知っていないと難しい問題です。問題2では施設名の問題が出題されます。観光地もあれば、お役所などの施設もあります。問題3から問題5までは高速道路の入り口や出口、著名な建造物や公園、病院や駅などの公的な施設の所在などの出題になります。知っていれば知っているほど合格に近づけます。

難問に対応するか捨てるかを考える

タクシードライバーになるための難関である地理試験を突破したいとき、どんな対策を取るのが良いかです。試験は比較的頻繁に行われるため、ある程度パターン化された出題になります。もちろん各回で微妙に異なるので、一定の対応が必要になります。この時、難問への対応をどうするかがあります。乗車地と降車地から通る交差点を答える問題が出ますが、なかなか簡単には解けません。合格のためには捨てるつもりで他でしっかり点を取る方法もあります。難問は数問出題されるので、40問中数問を捨てればそれ以外で32点が必要になります。後の問題をしっかり取る勉強をしないといけません。

まとめ

タクシードライバーになるための地理試験において、出題パターン等があるかです。一応出題数や配分であったり、それぞれの問題に何が問われるかなどは決まっています。難問が入ることがあり、難問への対策をするかどうかの判断が必要です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題
合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?
タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法
タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?
地理試験に一発合格してタクシードライバーに転職しよう
覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?
タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?
タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう
難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?
タクシーの地理試験、詳しい日程について
タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?
転職未経験の人にもおすすめのタクシードライバーの魅力とは?
タクシードライバーは転職におすすめの理由とは?
経験者は有利?タクシードライバー転職
タクシードライバーに転職したい!採用試験の内容とは
地理試験とは何か?難しいって本当?
タクシードライバーに必要なスキルを教えて
実は人気?タクシードライバーに転職したい
タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい
タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?
タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう
建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について
タクシーの地理試験、何回受けることができる?
タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について