意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題

意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題

記事のイメージ画像

地理試験と言いますのは、東京、大阪、神奈川県のエリアでドライバーのための地理知識を試す試験です。45問が出され、36問以上の正解で試験にパスします。 加えて、試験などは各所轄のタクシーセンターで実施しており、一部には意外難しいと評価されています。

実施される試験の問題の内容と制度について

タクシー地理試験の中身は、道路の名称、地名、著名な建造物の名称などを問題としているテストで、 正解する率80が%以上で試験にパスします。タクシー地理試験の合格率につきましては50%ほどと言われ、1度でパスする結果を出すのは困難であると言われています。 それに加えて、試験時間は60分で、マークシート式になります。一科目だけ合格点を獲得した者は、科目合格通知書が発行され、次回の受験時に、科目合格通知書の写しを添え、申請すれば、合格科目の試験は免れます。合格証並びに科目合格通知書の有効期間に関しては、合格した日から2年間効果があります。

暮らしている地域による優位性はありません

問題の中身そのものにつきましては、試験では相当コアな問題が出されることになります。 従って、かりに東京、あるいは大阪に一回も訪問したことがない人であっても、都内や府内在住の人でも、試験内容の難しさはそう変わらないといえます。要するに、中身がコアなものが少なくないので都内や府内在住の人でも知識がない問題も少なくありません。つまり、住んでいる地域によっての優位性はないといえます。ですから、地方出身の人であっても都内や府内出身の人であってもきちんと学習すればどのような方でもパスする結果を出すことができます。

試験にパスするための勉強法のポイント

試験の問題に関しては、出題地図6種類、それぞれの地図に対しまして20種類の問題と相当たくさんのパターンが見られます。従って、 漠然と学んでも覚えることは、難しいといえます。ですので、問題集を買って、大使館、あるいは病院それから、警察署や大学、区役所のポジションを地 域毎に記憶し、あわせてスタート時は主要な道路から頭に入れてあとから首都高並びに駅そして、周辺建物に入って結ぶように全体的な構図を自分のものにすることがお勧めです。それに加えて解答スタイルがマークシートになりますから、かりに分からなくてもラストまでギブアップせず、全てのマークを埋めることも大事になってきます。そして、基本的な問題から応用的な問題まで見られますから、きちんと対策を実施しておくことが大切です。

まとめ

東京都、神奈川県や大阪府において、タクシードライバーを目指すための登竜門である地理試験は意外と難しいといわれています。たしかに、1回でパスすることは難しく、合格できる確率も50%程ですが、しっかりと試験内容に沿って対策を施せば対応可能といえます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?
タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法
タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?
タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?
地理試験に一発合格してタクシードライバーに転職しよう
覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?
タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?
タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう
難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?
タクシーの地理試験、詳しい日程について
タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?
転職未経験の人にもおすすめのタクシードライバーの魅力とは?
タクシードライバーは転職におすすめの理由とは?
経験者は有利?タクシードライバー転職
タクシードライバーに転職したい!採用試験の内容とは
地理試験とは何か?難しいって本当?
タクシードライバーに必要なスキルを教えて
実は人気?タクシードライバーに転職したい
タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい
タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?
タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう
建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について
タクシーの地理試験、何回受けることができる?
タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について