覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?

覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?

どんなに難しい試験でも、女性にとって合格する方法をタクシー会社に委ねるだけではなく、できることから始めます。記憶する能力があれば覚えるのも早く、試験と言っても身構えるのではなく、場を踏むことも大切です。

都会でならば必ず地理の試験が必要

一部の地域でタクシードライバーとして仕事をする場合、地理試験の受験と合格が義務化されています。世間一般に、女性は地図が読めない、方向感覚が疎いなどと言われており、女性でも合格できるのか、こうした転職、就職活動での悩みは尽きません。現在、地理試験の合格率は40%から50%前後で、タクシー会社でも独自の研修を行ったり、問題集を作成したり、イロハを知る女性講師による勉強会などで対応しています。地理試験の内容は、道路運送法や道路交通法などの法律について、タクシードライバーとして働くための基本となる心構えや待遇が問題として出され、全45問中36問以上の正解が合格基準です。加えて、道路や交差点の名称、著名な建造物、名所や所在の問題が全40問出題されて、32問以上の正解で合格基準となります。

パターンをしっかりチェックして覚える

記事のイメージ画像

対策としては、過去の出題パターンを分析してみることにもあります。過去問を見てみると、試験の出題方法はパターン化されていて、配分も明確化しています。例えば、道路の名称などの地理問題では、問題1は15問で、幹線道路名と交差点名の問題が出題されます。問題2は10問で、施設名の問題、問題3から問題5は各5問、交差点や首都高の名称と出入口、著名な建造物、駅の所在などの問題が出題されます。こうした難しい地理試験のコツは、週に複数回ある試験に合わせて、場慣れする、覚え書きによる蓄積、難問に関しては捨て駒も必要です。

好きな事柄に組み変えて覚えてみる

覚え方にこそコツがあり、具体的には、過去の問題1と問題2で出題されている幹線道路や交差点、施設名を暗記するのみです。実際にタクシードライバーとして働く者たちも、丸暗記であるパターンで、覚え方には語呂合わせが適しています。例えば、北から南に順番で並ぶ幹線道路の最初の音を縦に読む、無理やりにでも語呂合わせを作ることがポイントです。覚え方のコツには他にも、好きな物などに置き換えることです。例えば、施設や建物の最寄り駅はどこかといった内容の問題も、配られる地図に載ってるスポットの中から選びますが、スマホアプリなどのマップに座標を入力すれば、通りなどの道路沿いのランドマークも覚えられます。もちろん、好きなアーティストの歌詞やメロディーで替え歌を作る覚え方など、バラエティーに富んでいます。

まとめ

地理試験は、合格率が5割程度と難関の試験ですが、複数回挑戦できる試験でもあり、合格できる確率は高い傾向です。覚え方にもコツがあり、語呂合わせは効果的ですし、女性ならば音楽やスマホを駆使した覚え方でも身につきます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題
合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?
タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法
タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?
タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?
地理試験に一発合格してタクシードライバーに転職しよう
タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?
タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう
難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?
タクシーの地理試験、詳しい日程について
タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?
転職未経験の人にもおすすめのタクシードライバーの魅力とは?
タクシードライバーは転職におすすめの理由とは?
経験者は有利?タクシードライバー転職
タクシードライバーに転職したい!採用試験の内容とは
地理試験とは何か?難しいって本当?
タクシードライバーに必要なスキルを教えて
実は人気?タクシードライバーに転職したい
タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい
タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?
タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう
建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について
タクシーの地理試験、何回受けることができる?
タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について