タクシーの地理試験、詳しい日程について

タクシーの地理試験、詳しい日程について

タクシードライバーとして仕事をするときに地理試験に合格しないといけない地域があります。日程は地域ことで概要が異なるので、各試験実施機関に確認しましょう。その日に申し込めたり事前申し込みが必要だったりします。

東京では試験日が曜日で決められている

記事のイメージ画像

タクシードライバーとして仕事をするとき、一定の試験に合格する必要があります。東京都においては、輸送の安全及び利用者の利便の確保に関する試験が実施されています。一つは安全及び接遇に関する試験で、もう一つが指定地域にかかる地理試験になります。日程としては、毎週月火金曜日に実施されることになっています。ただし、祝日や年末年始等には実施されない日があるので、祝日などが入る時には注意が必要です。では受け付けはいつ頃から行われるかですが、地理に関する試験は当日の午前10時まで受け付けてもらえます。その日に合格発表もされるので、不合格の時は次の日の受験も可能です。

神奈川県で受ける時にはどんな注意がいるか

タクシードライバーの仕事では、2種試験以外にも一定の試験を受けて合格する必要があります。神奈川県の中でも特に横浜地域では地理試験で合格する必要があり、日程を確認しておかないといけません。いつ行われるかですが、毎週月曜日と金曜日に行われます。注意としては、それぞれで試験開始時間が異なる点でしょう。月曜日は1時30分からですが、金曜日は2時30分からになっています。受付時間も開始前の20分ぐらいになっていますから、早めに会場に来て手続きをしなくてはいけません。また、地理の試験以外に法令、安全及び接遇の試験の合格もひつようになりますが、こちらは月曜の午前中しか実施されていません。

大阪は講習の申し込みをしてから受験

タクシードライバーとして仕事をするとき、同じ日本でもそれぞれの地域によって必要な資格などがあります。特に都市部などではより地理情報に詳しいことが求められ、地理試験に合格しないと仕事ができません。では大阪で仕事をするときの試験の日程はどうなっているかです。まず事前に講習を受ける必要があり、申し込みによって受け付けとなります。自由にいつでも受けられるわけではありません。そのため、明確に決まっていないといえます。準備が調ったら早めに申し込みをすればよいでしょう。基本的には会社ごとで申込をしなければならず、同じタイミングで入社した人たちと受けることになります。

まとめ

タクシードライバーになるための地理試験に関して、現在は東京と神奈川、大阪で必要とされています。日程は、それぞれで異なるので確認が必要です。年に1回などではないので、比較的頻繁に受けられるようになっています。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題
合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?
タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法
タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?
タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?
地理試験に一発合格してタクシードライバーに転職しよう
覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?
タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?
タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう
難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?
タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?
転職未経験の人にもおすすめのタクシードライバーの魅力とは?
タクシードライバーは転職におすすめの理由とは?
経験者は有利?タクシードライバー転職
タクシードライバーに転職したい!採用試験の内容とは
地理試験とは何か?難しいって本当?
タクシードライバーに必要なスキルを教えて
実は人気?タクシードライバーに転職したい
タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい
タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?
タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう
建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について
タクシーの地理試験、何回受けることができる?
タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について