タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?

タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?

タクシーに乗車して行く先を告げると、こともなげにその場所まで連れて行ってくれます。渋滞であれば適宜抜け道を使ってくれます。そこまで道に詳しい背景には、地理試験の合格が必要だからです。しかも、地理試験の合格には有効期限があります。

タクシードライバーが道路事情に詳しい理由

タクシーは、どこからでも乗車できますし、どこへでも連れて行ってくれる便利な交通機関です。出張などで初めての土地で、地理に不案内であっても、タクシーを拾えばどうにかなります。もちろんお金はかかってしまいますが、バスで路線を調べたり、時間を調整したりするのを考えれば男全に便利です。道に詳しいのはプロですので当然と言えば当然です。経験を積めば道路事情にもますます精通していきます。一方で、東京、神奈川、大阪の都市圏でタクシードライバーになるためには、地理試験の合格が必須となっています。このため、イヤでも道路事情に詳しくなってしまいますし、そうでなければタクシードライバーは勤まりません。

2種類に区分されるタクシードライバー地理試験

地理試験は、いわゆる地理試験タクシー事業に係る法令、安全及び接遇に関する科目に区分されます。従前は、前者のみでしたが、後者が加わっています。前者の試験は、道路や有名な建物の名称、地名、公園、名所旧跡、駅の場所などについて出題されます。マークシート形式で40問出題され、32問、すなわち80パーセントが正解でないと合格できません。運転免許とは違い、地理試験の合格率は50パーセント程度で、一回で合格するのは困難な試験です。後者の試験は、筆記試験で45問出題され、地理試験と同様、80パーセントである36問を正解しなければ合格しません。

2種類の科目の一方だけに合格した場合

2科目ありますので、一方の科目だけに合格する場合も当然あり得ます。その場合は、合格した科目について科目合格通知書を発行し、次に受験する機会に、この科目合格通知書の写しを添えて受験申請すれば、その科目の試験は免除されます。ただし、この科目合格通知書の有効期限は、合格日から2年間とされていますので、その間に試験を受けないと、合格していた科目も無効になります。ただし、タクシードライバーとして働いている間は有効期限は関係しませんが、いったん辞めたり、別の区域で勤務した場合は、その時点から2年間が有効期限となります。

まとめ

東京、大阪、神奈川などの大都市圏でタクシードライバーになるためには、地理試験に合格しなければなりません。試験は2科目から構成され、その有効期限は2年間です。一方の科目だけ合格した場合、2年間はその科目の試験は免除されます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題
合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?
タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法
タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?
地理試験に一発合格してタクシードライバーに転職しよう
覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?
タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?
タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう
難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?
タクシーの地理試験、詳しい日程について
タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?
転職未経験の人にもおすすめのタクシードライバーの魅力とは?
タクシードライバーは転職におすすめの理由とは?
経験者は有利?タクシードライバー転職
タクシードライバーに転職したい!採用試験の内容とは
地理試験とは何か?難しいって本当?
タクシードライバーに必要なスキルを教えて
実は人気?タクシードライバーに転職したい
タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい
タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?
タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう
建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について
タクシーの地理試験、何回受けることができる?
タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について