タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?

タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?

タクシー運転手は、やはり地理試験を合格することが大事です。応用問題をこなすことが非常に重要なポイントになってくるので覚えておきましょう。過去問題などを勉強しながら、応用問題にもついていけるようになれば、自信がつきます。

応用力は基本を身に付けてからついてくる

東京都内でタクシードライバーとして活躍したいと感じているなら、地理試験の合格はほぼ必須といっても過言ではないでしょう。条件的に必須と言うわけではありませんが、東京都内で活躍しているタクシー会社は、ほぼこの試験での合格履歴を求めてきます。だからこそ、取得しておいた方が良いでしょう。応用問題などをクリアできる位の実力がついていれば、試験はクリアできるはずです。ただ、基本が身についてから応用がクリアできるので、その順番を間違えないように心がけることが、重要となります。まずはどういったことから勉強すれば良いのか、そこに焦点を当てて考えてみましょう。焦らずに、順番通りに勉強することが、結局は試験合格の近道です。

過去問題を順調に解けるようにする

高校や大学の入試試験等と同じく、過去問題を順調に解くのが、かなりの近道になります。そうすることで、地理試験の問題の傾向なども読み解くことができるようになるはずです。また、過去問題ができれば、応用もできるようになるというメリットがあるでしょう。出てくる傾向の強い問題は、基本的な問題であることが多いです。その部分を完璧に丸暗記してしまえば、応用がきくようになります。実際のところ、百点満点を取ることなどは不可能と考えておいた方が良いでしょう。それよりも、落とすことができないところで、しっかりと点数を取ることを心がけたほうが、確実に合格へと近づくことができます。

地域の名前などを確実に覚えておくこと

ただ、応用問題などをクリアできるほどの実力を身に付けるなら、東京都内の場所の名前は覚えるべきです。隅から隅まで覚えようとしてもキリがありませんが、メインとなる通りを覚えるだけでも違うので、諦めずに徐々に暗記をしていきましょう。どこの道路がどの地域につながっているのかなど、そういった問題に関しては、立地条件が分かっていなければ答えるのは難しいです。実際にタクシー運転手になってからも、求められるスキルだといえます。試験だけではなく、実際にも役立つわけですから、覚えるに越したことはないでしょう。道路のみならず、要所要所にある有名な施設名なども、忘れずにチェックしておきたいところです。

まとめ

タクシードライバーは、地理試験をクリアすれば、知識がそのままスキルになるというメリットもあります。絶対に無駄にならないので、多少大変かもしれませんが、合格に向けて勉強を長く続けるよう、心がけておきたいところです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題
合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?
タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法
タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?
タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?
地理試験に一発合格してタクシードライバーに転職しよう
覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?
タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう
難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?
タクシーの地理試験、詳しい日程について
タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?
転職未経験の人にもおすすめのタクシードライバーの魅力とは?
タクシードライバーは転職におすすめの理由とは?
経験者は有利?タクシードライバー転職
タクシードライバーに転職したい!採用試験の内容とは
地理試験とは何か?難しいって本当?
タクシードライバーに必要なスキルを教えて
実は人気?タクシードライバーに転職したい
タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい
タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?
タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう
建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について
タクシーの地理試験、何回受けることができる?
タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について