タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について

タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について

タクシードライバーとして仕事をするには、地理試験と2種免許の取得が必要になります。合格のための対策を行って、できるだけ早く取得し爾といけません。合格できなければ、できるまで仕事ができないので稼げません。

外部の教習所などを利用して取得する

タクシーの運転をするには免許が必要です。1種免許は一般的な自動車を運転するのに必要な免許で、旅客扱いをするには2種免許が必要になります。就職時には必ず必要ではなく、採用後に取得しても良いとする会社が多くあります。では対策はどうすればいいかですが、外部の教習所を利用するケースが多いです。対応している教習所は限られるものの、その中から選んで利用します。教習費用は出してもらえることが多いので、転職活動をするときに事前に取っておく必要はありません。教習をしているときは会社には出社しないので、会社で何か対策を受けることはないでしょうが、先輩などから2種免許の特徴などを聞いておくと良いでしょう。

最初の社員講習の中で勉強ができる

タクシーの運転手として仕事をするときは、まずは2種免許の取得が必要です。さらに、地域によっては地理試験が必要になります。会社が独自に行っているものもあるでしょうが、それ以外にこれがないと運転手になれない公的なものもあります。東京都等で設定されるので、必ず受けて合格しなければいけません。対策方法としては、社員講習で勉強できるところがあります。これがないと業務が行えないので、会社としてもバックアップをしてくれます。専門学校などはないので、それぞれの会社が独自に行っています。誰でも合格できる簡単な試験ではないので、しっかりと勉強しないといけません。

市販のテキストや学校独自の教材を利用

記事のイメージ画像

タクシー会社に就職して仕事をするとき、免許や資格が必要になります。その一つが地理試験です。受からないと運転ができません。どうやって対策をするかですが、問題集を利用すると良いでしょう。過去問題集が試験を実施する機関から販売されています。過去にどんな問題が出たかが分かれば、それに応じた勉強ができるでしょう。学校独自の教材で勉強できるようにしてくれているところもあります。過去問題集はあくまでも過去の問題集なので、将来必ず出るとは限りません。過去の出題傾向を加味して、出題されそうな部分を予測して対策ができるようにしてくれています。

まとめ

タクシー運転手として働くときには、地理試験の合格と2種免許の所得が必要になります。2種は社外の教習所などを利用しますが、地理関係は社内で教育を受ける仕組みです。問題集などを用いて自分で勉強する必要もあるでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題
合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?
タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法
タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?
タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?
地理試験に一発合格してタクシードライバーに転職しよう
覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?
タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?
タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう
難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?
タクシーの地理試験、詳しい日程について
タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?
転職未経験の人にもおすすめのタクシードライバーの魅力とは?
タクシードライバーは転職におすすめの理由とは?
経験者は有利?タクシードライバー転職
タクシードライバーに転職したい!採用試験の内容とは
地理試験とは何か?難しいって本当?
タクシードライバーに必要なスキルを教えて
実は人気?タクシードライバーに転職したい
タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい
タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?
タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう
建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について
タクシーの地理試験、何回受けることができる?