タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法

タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法

地理試験については、内容的に簡単ではありません。 満点を確保するのは、おそらく不可能でしょう。 しかしながら、多くのタクシードライバーはパスする結果を出しているという事実があります。 要するに合格するための必勝法があるのです。 地理試験の合格にこぎつけるための勉強法を理解することが大切です。

捨てる問題も前提で対処しましょう

記事のイメージ画像

タクシードライバーの地理試験においては、道路の名前、交差点の名前や建造物、さらに公園や旧跡といった問題が40問出題されます。80%以上の正解で試験にパスすることになります。 過去において出された問題によると、出題方法はほとんどパターン化されています。 ベテランドライバーでも困難な問題があります。従いまして、難問は対処出来ないという前提条件で面するしかありません。 言ってみれば、現実的には40問出されることになりますが、難問以外の35問中32問を上回って正解可能な様に下準備することが大切だと考えます。

研修でしっかりと学習することが重要です

地理試験につきましては、地理試験の準備の為の学習を実施しないと合格がとても難しい試験といえます。その結果、新人のタクシードライバーが普通自動車二種免許を入手すると、ほとんどのケースでタクシー会社、あるいはタクシー協同組合で、試験だけに絞り込んだ研修の準備をしています。 こうした研修で、地理試験の傾向であるとか、パスする結果を出すための学習方法が示されます。それぞれのタクシー会社、あるいは共同組合においては、会社や共同組合の威信を懸け、学習の必勝法をレクチャーするので、こうした学習の必勝法に沿いながら習得すればパスする結果を出すことができるはずです。

語呂合わせ等を利用して繰り返し勉強する事がポイント

練習問題集に関しても、現実的に出される問題がたくさん組み込まれているので、こうした練習問題を全部正解することができるまで学習する、要するに全て丸暗記するぐらい解くことが重要になります。しかしながら、 暗記すると言いましても、それなりに大変ですので、様々な語呂合わせを作成して、とにもかくにも残らず理解してしまうことが大切です。 何を置いても時間を費やして、テストに出てくると類推される道路や交差点さらに施設等を熟知し、練習問題をリピートして、地理試験の40問中35問をパーフェクトに解答可能な様に学習することが必要です。

まとめ

地理試験は困難ですが、タクシードライバーは多くの方は合格しています。結局のところ、合格ラインに達するための対策をしっかりと行うことが重要になります。研修や語呂合わせ等を活用すれば、合格ラインに達することは可能です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題
合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?
タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?
タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?
地理試験に一発合格してタクシードライバーに転職しよう
覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?
タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?
タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう
難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?
タクシーの地理試験、詳しい日程について
タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?
転職未経験の人にもおすすめのタクシードライバーの魅力とは?
タクシードライバーは転職におすすめの理由とは?
経験者は有利?タクシードライバー転職
タクシードライバーに転職したい!採用試験の内容とは
地理試験とは何か?難しいって本当?
タクシードライバーに必要なスキルを教えて
実は人気?タクシードライバーに転職したい
タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい
タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?
タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう
建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について
タクシーの地理試験、何回受けることができる?
タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について