タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?

タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?

タクシードライバーになるために地理試験に合格しないといけませんが、合格は容易ではありません。講習がないのか気になるでしょうが、色々な機関で受けられます。自社で実施するものの他、試験実施機関や協同組合などが行ってくれます。

新規で受ける時に試験実施機関で行われる

タクシー会社に応募するとき、会社によってはナビ搭載車なので安心と書かれている求人票を見るかもしれません。多くの会社ではナビを車に搭載していて、それに頼れば目的地に行けます。でもナビだけには頼れないこともあるはずです。地域によっては地理試験と呼ばれる試験を受けなければならず、合格しないと仕事ができないので何らかの形で勉強が必要です。講習などがないか気になるところですが、試験実施機関が行ってくれるものがあります。新規で受ける人は、事業主などから申し込むことで受けられます。その後に試験を受けて合否を待ちます。

各会社の新入社員研修の中で行われる

タクシー会社では、常に新入社員の募集をしています。2種免許が必要になりますが、採用時に持っている必要はなく、ペーパードライバーでも採用されることはあります。採用後に2種免許を取得する必要がありますが、それ以外に地理試験を受けて合格しないといけない地域もあります。独学で勉強するのは大変と考える顔しれませんが、会社の研修内で行われる講習で勉強できるときがあります。合格率はあまり高くなく、対策が必要とされています。独自のテキストや対策本等を用意してくれています。地名などの暗記が必要なので、そのためのアイテムを用意しているところもあります。

個人なら協同組合などで実施してくれる

タクシーの運転手として仕事をするとき、会社に入ればいろいろサポートがあります。ただ売り上げの全てが入ってくるわけではありません。その時は個人でドライバーになりたいと考える人もいるでしょう。それぞれの地域によって違いますが、地理試験に合格しないとドライバーになれません。会社なら会社の研修で講習をしてくれますが、個人で営業するときは独学しかありません。ただ、協同組合などが実施してくれるものを利用できるかもしれないので調べてみましょう。協同組合によっていろいろ内容を工夫していて合格のための勉強ができるようになっています。

まとめ

タクシーの運転手になるには地理試験に突破しないといけない地域があります。自分で勉強する以外に講習を受けて勉強する方法があります。基本的には、会社が行う研修を受ける方法ですが、試験の実施期間が行ってくれるものへの参加もできます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題
合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?
タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法
タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?
タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?
地理試験に一発合格してタクシードライバーに転職しよう
覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?
タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?
タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう
難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?
タクシーの地理試験、詳しい日程について
タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?
転職未経験の人にもおすすめのタクシードライバーの魅力とは?
タクシードライバーは転職におすすめの理由とは?
経験者は有利?タクシードライバー転職
タクシードライバーに転職したい!採用試験の内容とは
地理試験とは何か?難しいって本当?
タクシードライバーに必要なスキルを教えて
実は人気?タクシードライバーに転職したい
タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい
タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう
建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について
タクシーの地理試験、何回受けることができる?
タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について