建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について

建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について

タクシードライバーになるために欠かすことができない地理試験ですが、自社独自の試験を展開しているところもあります。ペーパーテストだけではなく、実際に走行をして試験をする場合、覚えるとよい目安があります。

どんなものを目安にするべきなのか

地理が苦手な人、方向音痴な人は道を覚える際に駐車してある車や自転車を目印にすることが多いそうです。駐車をしているだけなので、基本的に移動をすることが前提になってしまいます。動く可能性のあるものを目印にするから方向が分からなくなってしまうのです。タクシードライバーを目指している人は基本的に建物を目印にしていることが多いです。建物であれば安易に移動をすることはありません。だからこそ、タクシードライバーの地理試験を受ける際にも目印になる建物を見つけておく、ということが必要になります。出来れば目立つ建物があると道も間違えにくいです。

ナビに頼ることがないようにしておく

最近ではタクシーにもカーナビがついています。ナビを頼りにして目的地まで行く、ということもあるでしょう。しかしドライバー自身が道を知らなければ、不安に感じてしまいます。利用者が不安に感じないようにするためにもタクシー会社は地理試験を課しています。試験を行うことで道路も覚える努力をするでしょう。実際に乗車をして地理試験を行うということもあるので、その周辺にどんな建物があるのか事前に確認をしておくとよいかもしれません。道を間違えてしまうというのは、ドライバーとして信用できないということになってしまいます。

新しくなっていく建物のチェック

道路もどんどん新しいものが開通しますし、建物も新しいものが建設されます。以前通った時にはなかったものができていて、その結果道を間違えてしまう、ということもあるでしょう。タクシー会社の中には研修中に地理試験を行うだけではなく、一定期間で必ず試験を課すというところもあります。新しい道路を覚えるためには、定期的な試験が必要なのかもしれません。その苦労がサービス向上にもつながります。営業エリアは当然土地勘がなければいけません。新しく建設されたものがあるのかどうか、常にチェックをしておくと仕事にも役立てることができます。

まとめ

タクシードライバーは地理の知識がなければいけません。目的地までの道のりの中で移動する可能性があるものではなく、建物を目印にするとスムーズに運行をすることができるでしょう。出来るだけ動かないものを目印にしたほうがよいでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題
合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?
タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法
タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?
タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?
地理試験に一発合格してタクシードライバーに転職しよう
覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?
タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?
タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう
難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?
タクシーの地理試験、詳しい日程について
タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?
転職未経験の人にもおすすめのタクシードライバーの魅力とは?
タクシードライバーは転職におすすめの理由とは?
経験者は有利?タクシードライバー転職
タクシードライバーに転職したい!採用試験の内容とは
地理試験とは何か?難しいって本当?
タクシードライバーに必要なスキルを教えて
実は人気?タクシードライバーに転職したい
タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい
タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?
タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう
タクシーの地理試験、何回受けることができる?
タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について