合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?

合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?

タクシードライバーとして転職するためには、二種免許の取得が必須となります。また首都圏(東京23区などの他)においては、地理試験にパスする必要があります。しっかりと対策を練って準備をするためにも、試験の概要を知りしっかりと準備をしておきましょう。

タクシードライバー必須となる地理試験とは?

東京23区および神奈川県、大阪府の指定されてる地域においてタクシードライバーとしての業務を行えるようにするためには、二種免許を取得した上で地理試験を受験する必要があります。なお二種免許を取得するためには、一種免許を取得後3年経過かつ21才以上であることが要件として定められています。法律で定められた講習を受講の上で実施される地理試験は、制限時間60分のうちに地理問題を40問、および法令問題45問に回答する必要があります。合格ラインは8割の正答率言われています。しっかりと準備をして試験に望むことが肝要です。以下では試験の傾向を知り、とるべき勉強方法の一例をまとめていきますので、参考にしてください。

タクシードライバーの地理試験の実情

指定された地域を業務としてタクシー運行する場合に、必要となる地理の知識と一般的な法令や安全に関する知識が問われる試験です。地理試験に対応するためには、道路名称や各種の施設の場所に関して、周辺の駅や関連する主要道路の名称や位置関係などを知っておくことが必要となります。首都圏の地理に関する情報は、ひたすら覚えることが主体となります。裏を返せば地方出身者であっても、しっかりと記憶しておくことで試験対策となりますので努力しだいと言えるでしょう。なおこの試験に合格しないとタクシードライバーとして業務を行うことができませんので、就職したタクシー会社としてもなんとしても一発合格をして欲しいため研修を実施しているところもあります。研修制度を積極的に活用していきましょう。

地理試験の出題傾向を知り対策を練る

一年の間に何回か受験チャンスがありますが、その後の業務展開を考えると一発合格が望ましいと言えますので、出題傾向を知ったり効率的な勉強方法を知っておくと良いでしょう。40問が出題され、そのうちの32問以上に正解する必要があります。過去問を調べると出題傾向を知ることができますので、研究しておくことをお勧めします。試験がはじまったら問題3,4,5の難問に時間をとられすぎないように注意することが大切です。基本的な問題を確実に回答していくことに注力しましょう。施設名や交差点の名称の他、首都高の出入り口の名称、及び各種施設の名称などが出題される問題1,2は記憶勝負となりますので、しっかりと覚えて得点に結びつけましょう。

まとめ

首都圏でタクシードライバーとして就職もしくは転職するためには、二種免許を取得するだけでは足りず、地理試験と法令試験に合格する必要があります。記憶勝負となるケースが多いので、会社が実施するセミナーなどを活用してモチベーションを維持することも大切です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題
タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法
タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?
タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?
地理試験に一発合格してタクシードライバーに転職しよう
覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?
タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?
タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう
難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?
タクシーの地理試験、詳しい日程について
タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?
転職未経験の人にもおすすめのタクシードライバーの魅力とは?
タクシードライバーは転職におすすめの理由とは?
経験者は有利?タクシードライバー転職
タクシードライバーに転職したい!採用試験の内容とは
地理試験とは何か?難しいって本当?
タクシードライバーに必要なスキルを教えて
実は人気?タクシードライバーに転職したい
タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい
タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?
タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう
建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について
タクシーの地理試験、何回受けることができる?
タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について