タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい

タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい

タクシードライバーになるためには地理試験に合格しなければいけませんが、あまり合格率は高くありません。過去問としては住所や経路が問われることが多く、交差点名なども覚える必要があります。感覚で目的地に行けるだけでは解けません。

地名に関する問題にはどんなものがあるか

学生時代の社会には地理と呼ばれる科目がありました。色々覚えたり理解したりする必要がありました。ではタクシードライバーになるための地理試験はどんなものになるかです。過去問を見ると何を覚えないといけないかが分かるかもしれません。地名に関する問題としてどんな問題が出るかですが、市区町村内にある町名を問う問題などがあります。全国の都道府県すべてで行われているわけではなく、一部の都市部で行われています。問題はもちろんそれぞれの都市に関わる地名になります。ある区が並んでいて、解答群として町名があり、区内にある町名を答えます。

施設や建物の所在地を問われる問題

各地に名所であったり役所などの施設があります。有名なところなら感覚でどう行ったらいいなどが分かるかもしれません。ある道を右に、左になどです。タクシーの運転手でもそんな理解で問題なさそうですが、地理試験の過去問を見るとそれでは合格できないかもしれません。施設などの所在地を問う問題があり、どんな出題例があるかです。施設名として博物館や病院、さらに大手会社の本社などが並んでいて、所在地の住所が解答群にあります。所在地と言っても番地などではなく、区と町名ぐらいまでわかっていればいいでしょう。地名を覚えるのが大変かもしれません。

難しいといわれている経路の問題を知る

タクシードライバーになるための地理試験は一回で合格するのは難しいとされていて、難問と呼ばれる問題もあります。その一つが経路を問う問題です。過去問を解いて実際に解けるか考えてみましょう。出題例として、乗車地と経由地と降車地があります。その中に空欄があり、どうやって経由地、降車地までたどり着くかの問題になります。解答群には交差点名が表示されているので、順番に並べていきます。感覚で経路が分かるだけではなく、それぞれの交差点名を把握していないと解けません。交差点の位置や一方通行などを把握しながら答える必要があります。

まとめ

タクシードライバーになるためには地理試験に合格しないといけません。過去問があると出題例などが分かります。名所の住所であったり、目的地までの経路が出題されたりするので、それらを覚える必要があるでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題
合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?
タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法
タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?
タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?
地理試験に一発合格してタクシードライバーに転職しよう
覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?
タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?
タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう
難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?
タクシーの地理試験、詳しい日程について
タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?
転職未経験の人にもおすすめのタクシードライバーの魅力とは?
タクシードライバーは転職におすすめの理由とは?
経験者は有利?タクシードライバー転職
タクシードライバーに転職したい!採用試験の内容とは
地理試験とは何か?難しいって本当?
タクシードライバーに必要なスキルを教えて
実は人気?タクシードライバーに転職したい
タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?
タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう
建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について
タクシーの地理試験、何回受けることができる?
タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について