タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?

タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?

タクシードライバーに転職したいのであれば、必要資格を理解することが大事です。普通免許第二種が必要となるので、その大前提は覚えておきましょう。もちろん、地理試験を突破しておけば、それだけでも大きな説得力になるので、採用確率が高まります。

まずは普通免許第二種に注目しておきましょう

タクシードライバーとして働き始めたいなら、転職する前にどのような勉強や資格が必要なのか、そこに焦点を当てて考えることが大事です。厳密に言うと必要資格と言うのはありませんが、必要な免許と言うものは存在するので、覚えておきましょう。普通免許第一種を取得してから3年間過ぎると、教習所で2週間ほどの教習を経て、普通自動車第ニ種免許を取得できます。この免許がタクシードライバーになるには必須なので、取得しておきたいところです。ただ、入社後も会社の費用負担で第二種免許が取れることが多いので、ここは特に問題はないでしょう。なければ仕事自体ができないので、会社がこの費用負担するのは、当然と言えば当然の話です。

地理試験もクリアしておくことが大事

東京都内でタクシードライバーとして確実にスキルアップをするなら、地理試験はクリアしておいた方が良いです。必要資格と言うわけではありませんが、採用の時に非常に有利になりますし、東京の地理が身に付くため自分のためにもなると言えるでしょう。即戦力として働けるということをアピールするならなおのこと、地理試験を突破しておいた方が説得力があります。過去問題集などを勉強し、問題の出題傾向理解しておけばなんとかクリアできるレベルです。合格確率は50%前後となっているので、気合を入れて臨むようにしましょう。会社によっては、入社してから地理試験にチャレンジさせられる場合があります。

必要資格よりもノウハウに注目したいところ

タクシードライバーの全国平均年収は、320万円程度となっています。このままでは物足りないと感じている人もいるでしょう。特に今の職場を離れてせっかく転職すると言うなら、もう少し欲しいところです。年収をアップさせるなら、資格よりもノウハウに注目したいところなので、働くならどうすれば年収アップを望めるのか、そこに焦点を当てて勉強することが重要となります。経験者の話に耳を傾けることが肝心で、この類の話に関しては、インターネット上の口コミ情報サイトや、タクシー求人情報専門サイトなどで確認ができるでしょう。しっかりと経験者の話を聞いて、東京で年収をアップさせる方法を理解しておきたいところです。うまくいけば、平均年収の倍以上稼ぐことも可能な業界だといえます。

まとめ

タクシードライバーとして転職するなら、必要資格と言うものはないものの、必要な免許もあれば、突破しておいた方が良い資格も存在します。有利になるための材料は理解しておいた方が良いので、特に地理試験には注目し、勉強しておくべきです。突破することで、ドライバーとしての説得力が生まれます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題
合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?
タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法
タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?
タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?
地理試験に一発合格してタクシードライバーに転職しよう
覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?
タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?
タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう
難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?
タクシーの地理試験、詳しい日程について
転職未経験の人にもおすすめのタクシードライバーの魅力とは?
タクシードライバーは転職におすすめの理由とは?
経験者は有利?タクシードライバー転職
タクシードライバーに転職したい!採用試験の内容とは
地理試験とは何か?難しいって本当?
タクシードライバーに必要なスキルを教えて
実は人気?タクシードライバーに転職したい
タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい
タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?
タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう
建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について
タクシーの地理試験、何回受けることができる?
タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について