経験者は有利?タクシードライバー転職

経験者は有利?タクシードライバー転職

今、あらゆる職場で人材が不足し求人が多く出されていますが、ドライバーの求人というものはかなり多く、人材不足も深刻な問題になっています。中でもタクシードライバーの求人数は年々増加傾向。この問題にはいろいろと理由はありますが、やはり離職率が高いというものがあるようです。しかし、逆に採用倍率が低い業界ということもできます。タクシードライバーへ転職を希望するなら、採用面で有利な状況なのではないでしょうか。

定年退職後の転職先に最適なタクシードライバー

高齢化社会を迎えたここ日本では、特に老後の心配というものがあります。公的年金はそれほど期待できるものではなく、豊かな老後生活を送るためにはこの年金とプラスアルファーの収入が欲しい。そこで会社を定年しても仕事を、と考えるわけですが、その転職先の候補の中で多いのがタクシードライバーです。この業界には定年退職という概念がないため、退職後の転職先にはもっとも適しています。ですから自然、ドライバーの平均年齢は他の職種よりも高く引き上げている場合があります。そして、判断力の低下などがない限り、長く務めることができるわけです。

タクシードライバーになるための条件とは

人材不足という深刻な問題を抱えているドライバー業界ですから、年齢に関係なく働くことができるという点ではかなり魅力的な転職先と言えます。現実に、他のほとんどの職業では年齢を重ねるごとに就職や転職が不利になってくるわけですから、タクシードライバーへの転職は人気が高いと言えます。それから実際にタクシードライバーになるためにはやはり条件があります。当たり前の条件としては二種免許が必要でしょう。しかし、会社によってはこの免許の取得を全面的にサポートしているところが多いので、この条件は特に問題はないと言えます。

地理試験を考えればドライバー経験者が有利だと言える

たとえば、東京や大阪などの都会でタクシードライバーの仕事を希望する場合、地理試験というものが行われることになっています。この地理試験がけっこう難関だと言われていますから、ドライバーの経験者は有利だと言うこともできるでしょう。しかし、前述の二種免許同様に、この地理試験も会社が独自に研修を行ったりしているところが多いので安心です。ちなみにこの地理試験の有効期限は、取得した地区でドライバーを続けていれば更新は必要ありませんが、仕事から離れてしまって2年が過ぎてしまうと無効になります。ですからいくら経験者だとしてもこの有効期間は重要です。

まとめ

高齢化社会を迎えて高齢者の職探しというものもかなり活発化しています。そんな中でタクシードライバーを考える方も少なくありません。この業界では基本的には人材不足が問題になっていますから、経験者でなくても比較的に就職しやすい業界だと言えます。しかし、地理試験のようなものではやはり経験者は有利になります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題
合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?
タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法
タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?
タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?
地理試験に一発合格してタクシードライバーに転職しよう
覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?
タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?
タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう
難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?
タクシーの地理試験、詳しい日程について
タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?
転職未経験の人にもおすすめのタクシードライバーの魅力とは?
タクシードライバーは転職におすすめの理由とは?
タクシードライバーに転職したい!採用試験の内容とは
地理試験とは何か?難しいって本当?
タクシードライバーに必要なスキルを教えて
実は人気?タクシードライバーに転職したい
タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい
タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?
タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう
建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について
タクシーの地理試験、何回受けることができる?
タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について