タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう

タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう

東京でタクシードライバーになるには地理試験に受からないといけません。名所や道路などを覚える必要がありますが、語呂合わせだと覚えやすくなります。問題集を解きながらきちんと回答ができるように覚えるようにしましょう。

細かい名所の位置をどう覚えたらいいか

観光地など、自分自身が一度行ったところであれば一応は行けるかもしれません。しかし時間が経過していると売る覚えになります。正確に場所を言えないときもあります。タクシードライバーになるには、地域によっては地理試験があり、非常に細かい地理問題が出題されます。そこで行いたいのが語呂合わせを使った暗記方法です。名所の出題方法としてあるのが、それぞれの名所がどの道路のどこにあるかなどです。この時は、名所と道路と左右を一度に覚える必要があります。個々に覚えるのではなく、ひとまとまりに覚えればどんどん頭に入れていけるでしょう。

よく出てくる道路は略語などを使う

記事のイメージ画像

東京にはいろいろな道路が走っています。通りなどもあるので、細かく覚えるのは大変です。タクシードライバーになるためには難関の地理試験を突破する必要があり、場所や道路を覚えないといけません。語呂合わせがいい方法として知られていて、良く出てくる道路や場所を略語で覚えると良いかもしれません。環状7号線などはよく環七などといわれます。それでも長いなら七などでもいいかもしれません。色々な略語を組み合わせておくと、それぞれの場所がどこにあるかなどを覚えることができます。地元の人でもわからないくらい細かい暗記が必要になります。

会社によって暗記表を用意してくれている

タクシー会社で採用されれば、いろいろな研修を受け、資格を取得し、早く営業に出たいでしょう。簡単には営業はできず、難関試験として地理試験を突破する必要があります。突破のための裏技として語呂合わせを利用する人が多くいるようです。でも、一から自分で作るのは大変です。会社によって、暗記表として作成してくれているところがあります。講習などではきちんと地図を使って教えてくれますが、暗記の時にはこの暗記表を使います。覚えやすいように作られているので、自然に頭に入るようになっています。見ながら覚えたり、機器ながら覚えるといいでしょう。

まとめ

タクシードライバーとして仕事をするには地理試験に合格しないといけません。地理情報の覚え方として語呂合わせがいいとされていて、道路や地名などを組み合わせて覚えます。自分で作ってもいいですし、会社が作ったものを使ってもいいでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題
合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?
タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法
タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?
タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?
地理試験に一発合格してタクシードライバーに転職しよう
覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?
タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?
難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?
タクシーの地理試験、詳しい日程について
タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?
転職未経験の人にもおすすめのタクシードライバーの魅力とは?
タクシードライバーは転職におすすめの理由とは?
経験者は有利?タクシードライバー転職
タクシードライバーに転職したい!採用試験の内容とは
地理試験とは何か?難しいって本当?
タクシードライバーに必要なスキルを教えて
実は人気?タクシードライバーに転職したい
タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい
タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?
タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう
建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について
タクシーの地理試験、何回受けることができる?
タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について