タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう

タクシーの地理試験、最短経路はしっかり把握しよう

タクシードライバーとして仕事をしていきたいと考えているのであれば、地理試験を研修中に受けることになります。最短経路などのチェックも行っておいたほうが乗務をした際に役に立つことが多いので、覚えておきましょう。

タクシードライバーは地理の知識も必要

記事のイメージ画像

タクシーを利用すると、目的地まで遠回りされているような気がする、ということもあるかもしれません。混雑を避けているからこそ、ということもありますが、最短経路で目的地まで行ったほうが料金も安く済むと考えるのが一般的です。だからこそ、乗務をする際には目的地までの最短経路を確認しておくとよいでしょう。最近ではカーナビも搭載されていますが、それだけではなく自分の頭の中にも地図が描かれるようにしておく必要があります。各社で研修期間中に行う地理試験でも経路の確認を行うことがあるので、普段から道路状況に関して興味を持っておくとよいでしょう。

知っているだけでも自信につながります

最短経路を知っておくと、この道を行けばあとどれくらいの時間で目的地まで着く、という計算も行うことができるようになります。それが安全に利用者を目的地まで送り届ける自信にもつながります。地理試験でどんな経路を走るのか、という質問が出されることもあるでしょう。知っている道路であれば、自信を持って回答をすることができます。タクシードライバーに転職をするのであれば、たくさんの道路を知るということが大切です。住んでいるエリア以外での就業となっている場合でも、地図を見たり、スマホの地図アプリを使って試験の前に調べておく、ということも勉強になります。

利用者に分かりやすくすることも大切

ドライバーの中にはルートを利用者に選んでもらうということにしている人もいます。渋滞をしている可能性があるので、時間がかかりそうな道路と高速を使うルートを提案して、選んでもらえれば利用者も納得できます。提案するためには道路に詳しくなければいけません。選んでもらうにしても、選択肢をいくつか提案することができれば、利用者も信頼をしてくれるでしょう。タクシー会社も信頼を得ることが大切です。だからこそ、地理試験を行って知識を増やす努力を身に着けてもらう、ということにしています。1度の試験で乗務可能となることも多いですが、中には定期的に試験を行う会社もあります。

まとめ

安心をして利用をしてもらうためには、道路に関する知識がなければいけません。そのために自社で試験を行っています。最短で行くためにはどこを通すべきなのかということがナビを頼らず思い浮かぶようにしておくとよいでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

意外と難しい!?タクシー運転手の地理試験問題
合格するにはどうすればいいの?タクシードライバー必須の地理試験対策とは?
タクシードライバーになりたい!地理試験の必勝法
タクシードライバーになるために外せない地理試験、過去の出題パターンとは?
タクシードライバー合格に必要な地理試験には有効期限があるって本当?
地理試験に一発合格してタクシードライバーに転職しよう
覚え方にはコツがある?女性でも地理試験を合格してタクシードライバーになれる?
タクシーの運転に必須の地理試験、応用問題は必要?
タクシーを運転したい!難しい地理試験は語呂合わせで覚えよう
難易度の高いタクシードライバー試験に欠かせない地理試験、どうやったら合格するの?
タクシーの地理試験、詳しい日程について
タクシードライバーに転職したい!そのための必須資格とは?
転職未経験の人にもおすすめのタクシードライバーの魅力とは?
タクシードライバーは転職におすすめの理由とは?
経験者は有利?タクシードライバー転職
タクシードライバーに転職したい!採用試験の内容とは
地理試験とは何か?難しいって本当?
タクシードライバーに必要なスキルを教えて
実は人気?タクシードライバーに転職したい
タクシードライバー試験の一つである地理試験、過去問について知りたい
タクシードライバーになるための地理試験、講習はあるの?
建物をポイントにするとうまくいく?タクシーの地理試験の対策について
タクシーの地理試験、何回受けることができる?
タクシー運転に必須な2種免許と地理試験の対策について